最新記事

1.2017年総会の無事終了しました。2017年9月1日更新

 2017年総会は7月22日に開催されました。参加者は、27名でした。

1.開催日時:2017年7月22日(土)13:00~17:00
2.開催場所:
東京都中野区本町1-32-2ハーモニータワー20F NTCコンサルタンツ㈱開発事業部 会議室
    TEL:03-5333-2051 FAX0:03-5333-2055
3.総会 13:00~13:50 決算報告及び予算の審議と承認(休憩含む)

4.山崎記念賞表彰式典 13:50~15:20(休憩含む)
① 受賞者:愛媛県松山市釣島集落(町内会)
 離島という条件不利地域において、自治意識の醸成、世代ごとの活動、家庭内の世代間役割分担、最新技術の研鑽と継承、生活環境基盤やかんがい施設などの生産基盤等の整備へ積極的に取組むことにより、地域コミニュティや農業生産を目指し、若い後継者を含む家族農業経営を展開している。
② 受賞者講演:
5.記念フォーラム 15:20~17:00
テーマ:農業や生活環境の改善(
 瀬戸内海の小さな島「釣島」から本来の「農業」と「暮らし」を学ぶ

  ① フォーラム解題 ;山崎農業研究所 所長 小泉浩郎
  ② 「離島のマイナスを地域づくりの原動力に」 池本三嗣氏
  ③ 「柑橘で釣島を“宝の島〟に(仮)」 JA釣島支部長 山岡建夫
  ④ 記念講演 「今、離島は元気(仮)NPO離島経済新聞社代表 大久保昌宏氏
  ⑤ 討論

6.懇親会      17:15~19:15

③山崎記念農業賞表彰式および記念講演等

愛媛新聞の掲載記事です。下記ボタンをクリックすれば見れます。

 2.所報”耕141号”が発行されました。詳細(目次)は所報”耕”のページに掲載しています。

3.第158回 山崎農研定例(現地)研究会開催される
 当日は朝からの雨にも関わらず午前の部13名、午後の部13名で延参加人員は14名(講師3名を除く)でした。
 昼食は長寿庵にて小松菜を使った蕎麦、うどんを堪能しました。当日の講師の方のお話いただいた内容は研究所ニュースNo.11(11月1日発行)を参照していただくことにします。


日 時:平成29年10月21日(土)10:00~15:00
テーマ:「江戸野菜・小松菜に学ぶ地産地消」
場 所:東京都江戸川区小松菜産地
スケジュール(10:30真利子氏直売所、12:00~13:00昼食、13:30~オオバファーム)
① 「小松菜力を発信する(仮)」出口耕太郎氏  
江戸川区産業振興課 農産係長
② 「小松菜の産地戦略(仮)」真利子伊知郎氏 
江戸川区農業経営者クラブ会長
③ 「小松菜を中心とした都市農業(仮)大場常則氏 
オオバファーム 農場主
④参加者による話し合い