最新記事

1. 現地研究会(第162回定例研究会)案内
 
第161回定例研究会(4月)で上映したドキュメンタリー「武蔵野」の現地視察を行います。また、当日は、農業世界遺産登録取組の講演会が開催されるので、これに参加することにしました。多数のご参加をお待ちしています。

 注)ドキュメンタリー映画”武蔵野”の内容は下記の内容です(チラシからの引用)
   ○江戸の循環農業が息づく
    循環農業の妙に、四季の美しさに引き込まれ、家族の笑顔に和む東京で失われたかつての光景が今も続く、「日本農業遺産」認定の地北武蔵    野の落ち葉堆肥農法とそこに生きる人々
   ○江戸・東京300年の食卓を支えた都市近郊農業農村の現風景
   ○東京30キロ圏に今なお残る世界最大の農用林。四季の美しさ。江戸の循環農業の巧みさ。


1)日時:2019年11月26日(火)10:00~15:30
2)集合場所 東部東上線鶴瀬駅 10:00(集合時刻は検討中)
3)現地視察 10:00~12:00(30分程度の変更あり)
4)講演会 13:30~15:30
 ①主催:武蔵野の落ち葉堆肥農法世界農業遺産
     推進協議会
 ②開催場所 三芳町役場3階301会議室
 ③プログラム
  ○会長挨拶/来賓挨拶 13:30~13:45
  ○基調講演 大和田順子 氏 13:45~14:30
    ロハス・ビジネスアライアンス共同代表
○ワークショップ 14:30~15:30
5)交通案内 
 現地視察場所までの交通については、参加者の状況を考慮し、レンタカー移動、バスと徒歩、タクシーによる移動を検討したいので、参加希望の方は早めのご連絡をお願いいたします。

参加申し込み:参加希望者は必ず事前に下記へご連絡下さい。
TEL:080-2061-4227(益永携帯)
e-Mail:y.masunaga@ntc-c.co.jp